関連サービス

チーム情報



都道府県 宮城県
チーム発足 0年
チーム名 東北学院高等学校
チーム情報 東北学院は、仙台の地にある131年の伝統と歴史をもつキリスト教主義(プロテスタント)の学校であります。明治19年(1886年)「仙台神学校」として発足いたしました。その後、明治24年(1891年)「東北学院」と改称し、現在は幼稚園、中学校、高等学校、大学並びに大学院を持つ一貫教育の総合学園となり、関東以北の私学の雄として全国にその名を知られております。

その中にあって東北学院中学校・高等学校サッカー部は、大正13年(1924年)から活動を開始し、大正14年(1925年)松島 真 先生を初代部長に迎え、正式に「蹴球部」として認められました。過去に、全国高等学校サッカー選手権大会出場4回(第61回大会全国ベスト8)、全国高等学校総合体育大会出場10回(第25回大会全国第3位)、全国中学校サッカー大会出場6回(第47回大会全国ベスト8)、高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)大会出場1回という戦績を残しており、県内は勿論のこと東北でも強豪校として知られております。また、過去に日本代表選手(岩沼勝治郎氏、鹿井光雄氏、加藤 望氏、土橋正樹氏)やユース代表選手も輩出し、Jリーグでも、加藤 望選手(元柏レイソル)、土橋正樹選手(元浦和レッズ)、千葉直樹選手(元ベガルタ仙台)、菅間 望選手(元ベガルタ仙台)が活躍しました。また、平成26年4月からは、シュミット・ダニエル選手(東北学院中学校・高校→中央大学→ベガルタ仙台)が地元ベガルタ仙台に入団し、本校出身の現役Jリーガーとして活躍が期待されております。

平成17年(2005年)4月、それまで仙台の中心部にあった学校が宮城野区小鶴に移転開校いたしましたが、当時、学校の施設としては全国的にも珍しいナイター照明付きの人工芝サッカー場が完成いたしました。平成27年8月に人工芝の張替え作業も完了し、現在、この恵まれた環境で、中学生90名、高校生90名(平成29年12月現在)が、共に全国大会で通用するチーム作りを目指し、日夜汗を流しております。

本校は殆どの生徒が大学進学を目指している進学校であります。その中にあってサッカー部も文武両道をモットーに、学業優先の姿勢を貫きながら練習に精を出しております。因みに今春(平成29年3月)31名の卒業生を送り出しましたが、国公立大学に1名(宮城教育大学)、私立大学に27名(東北学院大学10名、明治学院大学5名、同志社大学3名、関西学院大学2名、東京理科大学、立教大学、法政大学、駒澤大学、神奈川大学、武蔵野大学、東北工業大学、各1名)の生徒が、現役合格を果たしました。今後もこの方針を貫き、あくまでも勝つことを目標としながらも、目的はサッカーを通しての人間的な成長に置いて、飛躍を期しております。

住所 〒983-8565 宮城県宮城野区小鶴字高野123番1
電話番号 022-786-1231
監督
名前の由来
エンブレム
クラブのビジョン
ホームユニホーム FP
ホームユニホーム GK
アウェイユニホーム FP
アウエィユニホーム GK
主な戦績 ☆全国高等学校サッカー選手権大会出場・・・4回
第20回大会(昭和13年)
第21回大会(昭和14年)
第61回大会(昭和58年)・・・全国ベスト8
第66回大会(昭和63年)
☆全国高等学校総合体育大会出場・・・10回(平成29年12月現在)
第16回大会(昭和56年)神奈川インターハイ
第17回大会(昭和57年)鹿児島インターハイ
第18回大会(昭和58年)愛知インターハイ
第19回大会(昭和59年)秋田インターハイ
第24回大会(平成元年)高知インターハイ
第25回大会(平成2年)宮城インターハイ・・・全国第3位
第29回大会(平成6年)富山インターハイ
第33回大会(平成10年)香川インターハイ
第35回大会(平成12年)岐阜インターハイ
第52回大会(平成29年)南東北インターハイ(宮城県開催)
☆全国中学校サッカー大会出場・・・6回
第33回大会(平成14年)奈良県開催
第42回大会(平成23年)滋賀県開催
第43回大会(平成24年)茨城県開催・・・全国ベスト16
第45回大会(平成26年)高知県開催・・・全国ベスト16
第46回大会(平成27年)北海道開催
第47回大会(平成28年)富山県開催・・・全国ベスト8
☆高円宮杯全日本ユースサッカー選手権(U-15)大会出場・・・1回
第22回大会(平成22年)
URL1 http://www.jhs.tohoku-gakuin.ac.jp/index.shtml
URL2 https://www.footballnavi.jp/tohokugakuin-fc/